2010年11月03日

夏目雅浩のTOEIC勉強法ならマッスル・イングリッシュ 口コミ

>>英語が話せるメリットをココで詳しく解説


2010y04m26d_071601562.jpg

9年間英語をやって来て残ったのはΣ(´□` )フゥ・・
三日坊主の山だけだった(-_-;)
やっぱり英語はそう簡単に話すことができないのかーー!

いいえ、そんなことはありません!
英語を話せるようになるには次のような感覚を養うことです。


[英語 ≠ 勉強]ではなく [英語 = 筋肉] ですね!

ええ??( -゛-)----C; T-T)



そうなんですよ!!!
実は、土壇場の1ケ月で英語をマスターした理由は、
英語は筋肉による運動と捉え、英語習得に必要な●●筋を獲得
それにより約40倍速という習得スピードを実現
できるのです。

と、このように???な解説をされてるのは、


たったの28日で英検準1級を取得
TOEICでは特に用意もなく920点!と脅威のスピードで実現された
[マッスル・イングリッシュ・プログラム]開発者で
【オラクル英語研究所】運営の“夏目雅浩”氏です。




⇒英語筋肉を鍛える方法ココクリック



簡単に誰でも効果の出る!そんな方法で一番重要なのは
[●●筋]を鍛えることです(-。-)(-。-)~ウウン

私はこの方法で、TOEIC920点!! 英検準1級!!
を手にすることができました\(^O^)/



英語を聞いたり、話したりするには、
日本語と違う筋肉が必要なことは、
既に一般的に知られていることです(。_。)

ところが、筋肉がないと物理的に上手く喋れないことは、
すっかり忘れられており、誰もそう考えていないようです。
おかしなことだと思いませんか(・_・?)ハテ

少し、考えてみて下さい。

しなやかに筋肉を鍛えたプロのサッカー選手と、
サッカーのテクニックを山ほど知っている
筋肉のないファンの人が試合をしたら・・・
試合にすらなりませんよね(>_<)

物理的な話として、それは単純に筋肉がないからです。

そして、サッカー選手のように使える筋肉を鍛えると言うことは、
そのまま、使えるテクニックを身につけると言うことですd=(^o^)=b



⇒英語を話せる筋肉を鍛える方法はココ





このサイトは夏目雅浩のマッスル・イングリッシュ・プログラムの口コミ 感想 レビュー 評価 成功談などの情報を公開しています。






大学受験合格対策法−短期間で成績アップ大平俊介の勉強法

古川忠義の初心者アコースティックギター上達法・練習法

山本正子の飛蚊症改善プログラムを短期間で改善する方法の効果

ラベル:夏目雅浩
posted by 英語筋肉 at 22:49| マッスル・イングリッシュ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。